忍者ブログ
大川の鯉釣り(2/16~17)

前回の釣りで日中の釣りは諦め

夜釣りすることに。

しかし寒い。

車でも寒いのに、

現場で待つのはちょっと無理。

となると車でいつもの場所しかない。

これまで冬に車で待つ対策だけは

しっかりしてきたので、

試すのにはちょうどいい機会だ。

土曜日の夜、いつもの場所に到着。

竿を2本だし、あとは車で待機。

結局、センサーが鳴ることはなかったが、

車の中で結構快適に過ごせたので、

次の冬の釣りの楽しみ方が増えた。

朝になり、

注文が入ってた

スティッキーベイツのアカムシ12mmを

お客様に届けて終了。


あっという間に冬も終わりそうですね。



















PR
【2019/02/20 20:29 】 | 鯉釣り
大川の鯉釣り(2/9、10)
今回はこれまでの場所から少し下流の

川崎橋と桜ノ宮橋の間に竿を出しました。

2/3の下見時にボイリーを500g程度フィーディング。

2/9(土)、2/10(日)の

8:00~16:00ぐらいまで釣りをしたものの

全く反応なし。

場所が悪いのか?

潮の動きが悪い日中がダメなのか?

全くわからない状態です。





















【2019/02/13 20:08 】 | 鯉釣り
釣りは休み
前回の週末はひさしぶりに釣りは休み。

やはり淀川のこれまでのポイントは

少し飽きてしまった。

土曜日は店の片付け。

日曜日は大川へポイントの下見に行きました。

これまでは都島橋から上流でしか釣りを

したことがなかったので、

こんどこそ下流へ釣りに行く予定。

しかし大川の下流域は大阪の中心部なので、

駐車場やら釣り禁止の場所やらと

いろいろややこしい問題があります。

釣り禁止に関しては、

これまで釣りができた場所でも

釣り禁止になったりして、

また明確に釣り禁止と看板等が

出ているわけでないので

注意が必要です。

そんな感じなので、

とりあえず確実に釣り禁止でない

川崎橋から上流でポイントを選定。

駐車場も2、3候補を上げていましたが、

朝10時では満車でした。

また最大料金が適用外のところもあり、

近いのになかなか行きにくい場所です。


今年の正月は上流部で完敗したので、

今度こそと次週末は

初めての下流部で勝負です!

(もうじき スティッキーベイツ ブラッドワーム 12mm 入荷します。)



















【2019/02/07 05:44 】 | 鯉釣り
淀川の鯉釣り(1/26、27)

この冬は餌を続けて入れている場所が

良さそうなので、

再度、前回の淀川鳥飼エリアへ。


26日(土)

ダンゴ+ボイリー(カープテック赤虫)投入。

2~3時間で餌を入れ替えアタリを待つ。

この日は風がかなり強いのでかなり寒く感じる。

水温が上がる15時を回り、

淀川の駐車場が17時までなので

もうそろそろ終了かなと思っていたらアタリ。

60cm台、風が強くてレジャーシートが

まくれ上がり、写真がちゃんと撮れなかった。


27日(日)

前日、同様の釣り。

前日予想に反して釣れてしまったので、

今日は無理だろうと思っていたら

片付け中にアタリ。

70cm台。


もうこの場所で釣るのが飽きてしまったのだが

寒さに負けて、ついつい。

なので次回は釣り方を変えようかな。






















【2019/01/30 07:20 】 | 鯉釣り
淀川の鯉釣り(1/19)

今回も淀川でのんびりダンゴで釣り。

去年、夏前から始めたダンゴの釣りも

大分慣れてきました。

後は早くマルキューの餌の配合を

マスターしたいと思っています。

ダンゴ仕掛けはこれまでの仕掛けと

ほとんど変わらないヘアリグ仕掛け(ハリスだけが少し短い)。

喰わせは、

干し芋、イモようかん、クレデンスコーン、ボイリー等で

すべてヘアリグにセットしています。

ダンゴの装着はスパイク錘をダンゴで包む方法で

とりあえず今は簡単にできる

龍王4:マルキュー1の割合でダンゴを作っています。


この冬は植物性の餌より動物性の餌のほうが

反応が良いような感じがするので、

今回はダンゴによせあみ、さなぎ粉を配合、

喰わせはボイリーで釣りを開始しました。

9:30投入。

1時間後の10:30最初のアタリ、

小さいのでニゴイだと思ったら44cmほどの鯉。

そして終了間際の14:40 76cm、

2本とも喰わせはカープテック赤虫15mm。


しばらくはこんな感じで釣りを続けます。






















【2019/01/24 06:50 】 | 鯉釣り
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]