忍者ブログ
父親
入院していた父親ですが

7/31に手術を行いましたが、人口血管に感染症があり

そのまま開いたところを閉じず、

2ヶ月間、寝たきりの状態で体内の洗浄処置を行ってきました。

でもよくならず、

9/30、10/1、二日連続で大きな手術を行いました。

手術事態は成功したということですが、

体力が無い状態での手術だったので、

目覚めることなく、亡くなりました。


最後の2ヶ月間は本人は辛かったと思います。

でもどうするとともできませんでした。

可能性は五分五分と聞きましたが、

私はかなり難しいと思っていました。でも奇跡を信じていました。


こんなことなら最期のお酒の一杯、タバコの一本、

飲ませてあげたかったです。


私たち普通の人は、病院、医者、警察、国を信じるしかありません。

この経験を次につなげていただきたいと思います。



















PR
【2014/10/12 09:43 】 | その他 | 有り難いご意見(0)
<<嫌な事 | ホーム | ブログ再開します!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]