忍者ブログ
大川、淀川の鯉釣り(9/15~17)

9/15(土)7:00~15:30 大川

7:00投入。
センサーを切るがのらないアタリが
何度かあった後、やっときたと思ったら、
まぁまぁサイズのニゴイ。
結局これだけで日中の釣りは終了。




22:00~翌日10:00

日中釣れなかったので、
予定を変更して再度同じ場所へ。
22:00投入。
23:30ようやく待望のアタリ。
サイズは70台だったが、
お腹パンパンのかなり重量がある鯉。
しかし、
ここからのハズがその後は全く当たらず、
この日は潮が動かなくなるので10:00に終了。





9/17(月)10:00~16:00 淀川

久しぶりの淀川である。
前日の釣りの帰り少しフイーディングしての釣り。
朝一は用事があったので、
遅めのスタート10:00投入。



11:45 75cm
12:20 キャット
13:00 74cm
14:20 30cm台
15;50 70cm台

の全てカープテック アカムシ20mm。

日中、6時間の釣りで結果、
70台×3 30台×1 キャット×1

なかなか楽しめました。

↓75cm


↓まわりのみんなは釣り上げていますが、
 私は初めてのキャット


↓74cm


↓30cm台


↓70cm台




















PR
【2018/09/19 19:49 】 | 鯉釣り
大川の鯉釣り(9/2)
今回はこれまで大川で使うのを

毛嫌いしていたスピニングタックルを

試してみることにした。

スピニングだと竿の下側にリールが

くるので大川では欄干にあたり

扱いにくいと思っていたからだ。


6:00

いつもの場所で

パイナップル&バナナ20mmとウインナーを投入。

今回はこの2本立てで行くことに。

また時間がたつにつれ釣り人も増えていき、

300mぐらいの間に6人の釣り人、竿も20本近くに。


ここで、

手前は諦め、投入場所を川の真ん中に変更。

ボイリーチェンジもしたかったが持ってきていない。

15:30まで粘ったがここでタイムアウト。

この時間までは誰も当っていないようでしたが、

その後どうなったんだろう?


スピニングタックルで

釣り上げるのは次回に持ち越し。

やっぱりある程度は

引き出しの数を用意しておかないとね。





















【2018/09/05 19:45 】 | 鯉釣り
大川の鯉釣り(8/25,26)

大川で鯉釣りを始めて一年を経過しました。

この一年、大川での釣りが主になり、

淀川本流だったホームが大川に逆転してしまいました。

でもまた淀川本流での釣りを再開しますので、

今後、ホームといえば

淀川本流、大川(旧淀川)となりそうです。


前日までの台風の影響で、

川の水は茶色、

あまりにも濁りすぎているので

釣れそうな感じはしませんでしたが、

21:00釣り開始。

23:00最初のアタリ、しかしバレてしまいました。
(ザリガニ&クリル20mm+パイナップルPOPUP)

翌日2:00 70cm(ウインナー)、

2:50 60台(パイナップル&バナナ20mm+パイナップルPOPUP)

と小型の群れを引き当てたようで、

6:20 70台(ウインナー)

と続きましたが

終了間際の8:35

86cm(パイナップル&バナナ20mm)と

ちょっとまとなサイズがあがり終了。

久しぶりの大川だったので楽しめました。
























【2018/08/29 08:35 】 | 鯉釣り
湖西の鯉釣り
時期は良くないですが
ちょっと長めの夏休みなので湖西への遠征を計画。
KTさん、IRさんも琵琶湖へ釣りに行く予定だったので
ご一緒させていただきました。

8月13日、14日

事前情報でボイリーを喰うかどうかわからないと
いうことでしたが、とりあえずボイリーも投入。
しかし初日のお昼頃、IRさんが龍王で60台を釣り上げたので
龍王+クレデンスコーンに変更しダンゴ中心の釣りにしました。

底は薄いウィード状態で所々、
小石底または砂地といった感じ。
釣り始めは
ここのところ大川での短竿釣り中心だったので、
久しぶりの長竿での投入でトラブル続出。
早めの餌交換で夕方から、
ようやく思うように投げられるようになりました。

底の状態が良いところに餌が
入ればアタルといった感じで
夕方からアタリだして
大物は上がりませんでしたが、

①50前後
②50前後
③ヘラブナ
④バラシ
⑤ニゴイ
⑥60台
⑦50前後

という結果で終了。

しかし湖西は本当に良いところですね。
水も綺麗。
魚も綺麗。
なんといってもロケーションが良い!
この暑い時期は子供のように水につかりながら
釣りもできる。
最高の2日間となりました。

↓ベイトタックル×3


↓綺麗な湖西の鯉


↓このサイズがよく釣れました。



8月17日、18日

本当は大川に釣りに行く予定でしたが、
早くも湖西が忘れられない。
ということで、
同じ場所に単独で釣りに行きました。

前回はダンゴ中心でしたが、
少しはボイリーも入れたので、
ボイリー用のスピニングタックル×2、
ダンゴ用のベイトタックル×2
でスタート。
しかし、なかなかあたらない。
日が落ちてから、
やっとダンゴにアタリましたが
ヘラブナと35cmの子ゴイ。

ここで
思い切ってすべてボイリーに変更。

アタリが遠い。
次の日のお昼すぎ
やっとまともなアタリ、感触!
しかし錘が岩に噛んでしまいバラシ。

前回それなりに餌を入れているので
ひょっとしたら、
それなりのサイズが回ってくるかもしれない。
と甘い考えもありましたがこれで終了。

やはり琵琶湖は
そう簡単ではありません。

なにもかもスケールの大きい琵琶湖。
1週間、1ヶ月泊まり込んで釣りをするということも
理解できます。

自分にはいいとこ2泊3日が
精一杯ですが、また挑戦したいと思います。

↓スピニングタックル×2/ベイトタックル×2




















【2018/08/22 20:45 】 | 鯉釣り
大川の鯉釣り(8/4,5)

今回は前からやろうやろうと思っていた

ダンゴ(練り餌)での釣り。


仕掛けは

スパイク錘に練り餌を被せてダンゴにする

大鯉研究所式に喰わせ1本針。

喰わせ餌は

ちょっと冒険してみようときゅうりの漬物とらっきょう。


8/4(土)アタリがあれば良かったのですが、

全くアタリもなく終了。

早くも鯉にこの餌を学習させる気が無くなり

一旦この餌は止めることに。


次の日曜日。

とりあえずダンゴで釣りたいので、

1投目、ウインナーを喰わせに。

しかし、餌取りにやられる。

ダンゴの場合は餌取りが多いようだ。

ここで予備でもってきた

マルキュークレデンスコーンの

3連タイプをヘアリグに変更。

そして投入から80分程度経過後、センサーON!

竿に駆け寄るとジリジリとラインが出ている。

合わせて魚の重みが載りましたが、

すぐにバレてしまいました。

その後はアタリもなく終了。


しかし、

今回は初めてダンゴ、

そして

クレデンスコーンでアタリを

取ったので良かった。

これで、

また漬物を喰わせにしてみようという

気持ちになってきました。


もちろん次回もダンゴです。

釣れなくてもね!





















【2018/08/07 19:59 】 | 鯉釣り
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]